あなたの腰痛は急性?それとも慢性?

あなたの腰痛は急性の腰痛でしょうか。

それとも慢性の腰痛でしょうか。

急性と慢性によって対処の方法が変わってきますので、ここでは急性の腰痛慢性の腰痛の違いについてお伝えします。

急性の痛みとは

急性の痛みの原因は炎症が原因です。
急性腰痛の代表と言えばぎっくり腰。激しい痛みを伴い、腰を曲げ伸ばししたり、回したりすることが困難になります。
腰椎や周辺組織が損傷して炎症が起きている状態ですので、いわゆる「怪我」をしているのと同じ状態です。

急性の痛みの特徴
急性の痛みは、炎症が起きていますので、以下のような特徴があります。

  • 発赤(ほっせき)
    皮膚が赤くなります。血流を増やして、治癒に必要な物質の供給と不要な物を除去しようとするため、赤みを帯びます。
  • 疼痛(とうつう)
    異常が生じたことを知らせるための痛みです。何もしていない時はジンジン、炎症が起きている箇所に刺激や力が入るとズキッとした痛みを感じることが多いです。
  • 発熱
    ウイルスや細菌を攻撃する免疫細胞が活発に活動できるように炎症が起きた付近は熱を帯びます。
  • 腫脹(しゅちょう)
    治癒に必要な物質などが集まってくるために、細胞の容積が増大した状態。いわゆる腫れ。
鮎川
急性の腰痛の時の対処法
イメージとしては怪我と一緒です。3日から1週間で炎症がおさまってきますので、激しい痛みは徐々になくなっていきます。炎症の時は冷やすことが多いと思いますが、治癒に必要な物質や免疫細胞が活動しにくくなるので逆効果になることがあります。急性の腰痛の時は何もせずに安静にすることをおすすめします。
ただし、激痛を伴う腰痛の時は、病気の可能性もあります。少しでも病気の不安がある時は、一度病院で診察を受けてください。

慢性の痛みとは

一方、何らかの原因で継続的な痛みが生じている状態が慢性痛です。
急性腰痛のように、激しい痛みで極端に動かせる範囲が狭くなるということはありませんが、鈍い痛みやだるさを感じたり、一定の時間同じ姿勢を取り続けると痛みが増すこともあります。

慢性腰痛の原因の一つは筋肉が縮んで硬く太くなることで血管を圧迫することです。
そのことで患部が酸欠状態となり、痛みを知覚するブラジキニンという物質が出るのです。
また、筋肉が縮むと、短く伸びなくなることで、腰椎などに負担をかけることもあります。

痛みの発生のメカニズムについては、こちらの記事で詳細を書いています。

腰痛は「筋肉のロック」が原因!腰痛を直すには原因を知ることから!

2018-09-10

慢性腰痛を根本から治すには、筋肉を柔らかい状態に保つことが重要になってきます。

鮎川
3週間以上痛みが続いている場合は
腰痛で病院に行くと「炎症が起きている」と言われることがありますが、もし痛みが3週間以上続いている場合は急性(炎症)の痛みよりも慢性痛の可能性が高いです。この場合は放っておいても変化はおきません。もし、ご自身の今の状態が急性の痛みなのか、それとも慢性痛なのか悩まれているのでしたら、一度私たちにご相談ください。

腰痛でお悩みならミオンパシーをお試しください!

固くなった筋肉の強張り(ロック)を緩めることで痛みや不調をとる、筋肉にとてもやさしい新しい整体術です。これまで常識とされてきた神経が痛みの原因という概念ではなく、筋肉に痛みの原因があると考え、不調の原因と思われる”筋肉”に直接アプローチする新しい施術法がミオンパシーです。



腰痛改善の鍵は高たんぱく質


筋肉のロックが原因となる腰痛、股関節痛、膝痛、五十肩などの疼痛ですが、発症した方の多くが、”質の栄養失調”に陥っています。
腰痛を改善するための体質改善にとても重要な栄養素、たんぱく質を摂取することで痛みが改善するメカニズムを詳しくご説明いたします。


ABOUTこの記事をかいた人

UROOMにおけるセラピスト技術責任者。3年以上にわたるセルフミオンパシーの動画配信を通じて「痛みの原因となる筋肉を見つけ、90秒間緩めるという方法」を誰でも簡単に実践できるようにわかりやすく伝えている。
著書は「「体の痛み」の9割は自分で治せる たった90秒! 超簡単セルフ整体術 (PHP文庫)」「たった90秒! 体の痛みを自力で治す本 (楽LIFEヘルスシリーズ)」など多数。
また、本ブログ記事の医療情報については、神戸ナカムラクリニック 中村篤史院長の総合監修を受けております。