その腰痛、もしかして病気が原因かも・・・!?

このようなケースはまず病院へ

慢性腰痛の原因の多くは、筋肉のロックが原因による慢性的な筋肉の酸素欠乏ですが、この場合は、腰を反らした時、起き上がる時、前かがみ姿勢をとった時などに痛みが出やすく、横になって楽な姿勢でじっとしていると痛みが楽になることあります。

一方、急に強い腰痛があらわれて、姿勢とは無関係に痛みが続く場合や、じっとしていても激しく痛む場合には、重大な病気が隠れていることがあります!

内臓の病気による腰痛

尿管結石(にょうかんけっせき)
尿路結石とは、腎臓でつくられた小さな石が尿管につまってしまうことで起きる病気で、若い男性に多くみられます。
左右どちらかの背中~腰に、深夜や早朝に突然、七転八倒するほど強い痛みが出ます。 坐薬などの強い鎮痛剤を使用しないと痛みが治まらないことも多いですが、いったん治まると何事もなかったように良くなります。
腎盂腎炎
腎盂腎炎とは、腎臓の細菌感染症で、若い女性や高齢の方に多くみられます。
高熱とともに、左右どちらかの背中~腰のドーンと重たいような痛みが出るのが特徴です。
血液検査や尿検査にて診断し、軽症であれば抗生物質(細菌の増殖を抑える薬)の内服薬で治療しますが、重症の場合には救急指定病院(岡崎市民病院など)での治療が必要となります。
後腹膜炎(こうふくまくえん)
胆嚢炎(たんのうえん)、急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)や腸管穿孔(ちょうかんせんこう)などによる後腹膜炎による炎症の中心 が背中側にある場合、お腹ではなく腰部に鈍痛を自覚します。
多くの場合、手術が必要になります。
急性胃炎(きゅうせいいえん)・胃十二指腸潰瘍(いじゅうにしちょうかいよう)
急性胃炎や胃十二指腸潰瘍の多くは、みぞおち付近に痛みがあらわれますが、病気の生じた場所によっては背中や体の左横(左側腹部)の痛みとなります。
痛みは、食事によって変化することが多く、動作や姿勢とは無関係です。食事直後の痛みなら胃の上部の病気、空腹時の痛みなら胃の下部や十二指腸の病気のことが多いです。 まずは胃酸を抑える薬を使用しますが、改善しない場合や日に日に痛みが強くなってくる場合には、胃癌など他の病気の可能性もあるため、詳しい検査をお勧めします。
急性膵炎(きゅうせいすいえん)
急性膵炎とは、胆管の病気(胆石など)やお酒の飲みすぎやよって、膵臓に炎症が生じる病気です。
油っこい食事の後やたくさんお酒を飲んだ後で、左上腹部や背中に、突き刺すような痛みがあらわれて長時間続きます。仰向けで寝ると痛みが強くなり、膝を抱える姿勢になると軽快するのが特徴です。重症化することがあるため、早期の治療が必要です。
大動脈解離(だいどうみゃくかいり)
大動脈解離とは、大動脈の壁が裂ける病気です。大動脈解離による痛みは、突然ある瞬間から胸や背中が引き裂かれるような、熱いくぎを打ち込まれたような激しい痛みで、裂け目が広がるにつれて痛みがお腹や腰に移動します。
腹部大動脈瘤(ふくぶだいどうみゃくりゅう)
腹部大動脈瘤とは、大動脈の壁の一部がコブのように膨らむ病気で、健診などで偶然発見されることが多く、ほとんどは無症状です。このコブが風船のように破裂すると、突然ある瞬間からへそ周囲や腰に突き刺すような激しい痛みがあらわれます。

緊急を要する腰痛

化膿性脊椎炎(かのうせいせきついえん)

化膿性脊椎炎とは、背骨の細菌感染症です。転倒などの原因がないのに、発熱とともに、日に日に腰痛が強くなり、起き上がる時だけでなく、横になってじっとしていても激しい痛みが続くのが特徴です。病院を受診しても、不明熱として診断がつきにくいものの一つで、CT検査では異常がないことも多く、この病気を疑ってMRI検査をしない限り見つかりません。

骨肉腫(こつにくしゅ)、脊椎への癌の骨移転

骨の内部には骨髄があり、血液細胞を作っています。骨髄は血管に富む構造のために、ほかの部分の癌(肺癌、乳癌、前立腺癌など)が血管を通って移動してきて、癌病巣を作ることがあり、これを骨転移といいます。
癌細胞が増殖して骨を破壊しますので、少しの力でも骨折(病的骨折)する場合もあります。癌によって侵された部分は日に日に痛みが強くなり、動いた時だけでなくじっとしていても痛みが続くのが特徴です。腫瘍や骨折によって脊髄が圧迫されると下肢の麻痺や排尿困難があらわれます。早期に診断して脊髄への圧迫が起こる前に高濃度ビタミンC治療などを行うことが重要です。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹に特徴的な皮疹が出る前に神経痛が先行してみられる場合がしばしばあります。
脊髄神経にそって皮膚表面にピンポイントで「ピリピリ」とした痛みを自覚します。発症 時に十分な鎮痛治療がなされないと治癒後も持続する慢性痛 に移行することがあり注意を要します。

鮎川
いかがでしたか。冒頭でもお伝えしましたが、病気が原因の腰痛や背部痛もありますので、激しい痛みがある場合は早めに病院で診察を受けてください。

最高技術責任者(CTO)の鮎川のプロフィールはこちら


腰痛でお悩みならミオンパシーをお試しください!

固くなった筋肉の強張り(ロック)を緩めることで痛みや不調をとる、筋肉にとてもやさしい新しい整体術です。これまで常識とされてきた神経が痛みの原因という概念ではなく、筋肉に痛みの原因があると考え、不調の原因と思われる”筋肉”に直接アプローチする新しい施術法がミオンパシーです。



腰痛改善の鍵は高たんぱく質


筋肉のロックが原因となる腰痛、股関節痛、膝痛、五十肩などの疼痛ですが、発症した方の多くが、”質の栄養失調”に陥っています。
腰痛を改善するための体質改善にとても重要な栄養素、たんぱく質を摂取することで痛みが改善するメカニズムを詳しくご説明いたします。


ABOUTこの記事をかいた人

UROOMにおけるセラピスト技術責任者。3年以上にわたるセルフミオンパシーの動画配信を通じて「痛みの原因となる筋肉を見つけ、90秒間緩めるという方法」を誰でも簡単に実践できるようにわかりやすく伝えている。
著書は「「体の痛み」の9割は自分で治せる たった90秒! 超簡単セルフ整体術 (PHP文庫)」「たった90秒! 体の痛みを自力で治す本 (楽LIFEヘルスシリーズ)」など多数。
また、本ブログ記事の医療情報については、神戸ナカムラクリニック 中村篤史院長の総合監修を受けております。